サラダ、温野菜、野菜ジュース…どんな野菜が体にいいの??

栄養学のきほん

世の中には野菜商品がたくさんありますよね。

わたしの親戚のおばあちゃんで、こんな人がいました。

「わたしは1日分の野菜がとれる、野菜ジュースを飲んでいるから、

野菜は食べなくても大丈夫なの!!」

栄養学を学んだ1人として、その意見には「ちょっとまった!」です。

今回は野菜商品についてまとめてみました。

〇本当に野菜ジュースで必要な野菜がとれているのか?

結論からいうと「野菜ジュース=野菜」ではないです!

野菜と一言にいっても、いろんな種類の野菜がありますよね。野菜ジュースに世の中の全ての野菜の栄養素が入っているかといわれれば、「No!」です。

また、そもそも「1日分の野菜がとれるジュース=1日に必要な野菜がとれる」というわけではないようです。

たとえば、ある野菜ジュースは、日本人が普通の食事で不足している量を補う目的でつくられています。国がすすめる1日の野菜量:350gのうち、わたしたちが実際に食べている平均の野菜量は230gというデータがあります。そうすると、120gの野菜が不足していることになります。ある野菜ジュース会社はここに注目して、「普段の食事+野菜ジュース」で1日分の野菜がとれるような商品を開発しました。

名前のインパクトが強くって、よく誤解されていますが…ほんとうは1日分の野菜350gをジュースだけでとれるわけではないのです。

〇加熱野菜と生野菜はどっちがいいの?

野菜を食べるというと、みなさんはどんな料理をイメージするでしょうか?

「サラダ」「温野菜」など、色んな野菜料理がありますよね。

ところで、加熱した野菜と生の野菜って…どっちがいいのでしょうか??

加熱するほうがいい野菜と、生のほうがいい野菜の違いは…

「どんな栄養素をふくむ野菜なのか?!」でかわってきます!

☆加熱する野菜:でんぷん質のモノ、油に溶けるビタミンをふくむモノ

ここでは、2つの成分をもった野菜があげられます。

・ポイント1:でんぷん質のモノ

これは当たり前すぎて、普段は意識しないと思います。芋類は加熱しないと食べられないですよね。お米も小麦も、芋類も…加熱することで「食感がよくなる」「消化が良くなる」というメリットがあります。また、サツマイモなどは加熱をすることで酵素がはたらいて、でんぷん質を糖分にかえます。そのため、加熱をすることで「より美味しく」なるのです。

・ポイント2:油に溶けるビタミンをふくむモノ

ビタミンのなかには、油と一緒にとるほうが吸収されるものがあります。たとえば、ニンジンやかぼちゃにふくまれる「ビタミンA」は油に溶けやすいビタミンです。野菜炒めなど、油で加熱すると、吸収がよくなるし、野菜の甘味もでて一石二鳥です!(ただし、ビタミンが溶け出しているので、油と一緒に食べるようにしてくださいね)

油に溶けやすいビタミンは…

・ビタミンA

・ビタミンD

・ビタミンE

・ビタミンK

温野菜のように、油を使わない調理法をするときは、ドレッシングをオイル入りにしたり、バーニャソースやマヨネーズ、ゴマだれと一緒に食べるといいですね。

☆生のほうがよい野菜:熱で分解されてしまうビタミン、水に溶けやすい栄養素をふくむモノ

ここでも、2つの特徴を紹介していきますね。

・ポイント1:熱で分解されてしまうビタミン

ビタミンCは熱に弱いビタミンといわれています。加熱をすることで、約45%のビタミンが失われてしまいます。ビタミンCを多く含む食材は、できるだけサラダのように生で食べてくださいね。

・ポイント2:水に溶けやすい栄養素をふくむモノ

ビタミンC、ビタミンB群、またカリウムなどのミネラルは、水に溶けやすい性質があります。茹で野菜にしてしまうと、野菜のビタミンがゆで汁に流れ出てしまうのでモッタイナイ!

蒸し野菜、電子レンジ調理、ゆで汁ごと食べられるスープのように、栄養素を逃さない調理法、食べ方を工夫してみてくださいね。

〇まとめ

いつも結論が同じようになってしまいますが…大事なことなので、何度もいいますね!

「野菜もバランスよく、いろんな種類を食べてください!」

簡単に栄養素をとれるように見える食品もたくさんありますが、完全に栄養素がとれるかというと、まだまだ難しいところです。なによりも、四季折々の美味しい野菜の味を楽しむのも、人生を豊かにすることの1つとわたしは思っています。

楽しく、美味しく、健康に!

毎日の食事を楽しんでくださいね!最後までお読みいただきありがとうございました!

【参考資料】(最終閲覧日:2020年9月24日)

・「健康食品」の安全性・有効性情報/https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail178.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました