体の中から美しく!血液サラサラになる方法

栄養学のきほん

みなさん、体の中のメンテナンスはしていますか?

目に見えるところは気になるけれど…体の中って放置されがちですよね。今回は血管をサラサラにして、体の中からキレイになる方法をまとめてみました。

〇血液がドロドロってどういうこと?

まずは、血液が不健康な状態について考えていきましょう!一言でいうと、不健康な時には血液がドロドロになってしまっています。

その原因は…

・血液の水分が少なくなっている

・脂質や糖質の取り過ぎで、血液がベタベタになっている

・血管に傷がついて、血栓(血の塊)が出来ている

ドロドロ血液は、全身の血管を詰まらせる可能性があります。長く放置してしまうと、心筋梗塞や脳卒中の原因になることも…。大きな病気を防ぐためにも、普段から血液のケアしておきたいですね。

〇解決方法!血液をサラサラにしよう!!

1、水分不足でドロドロのとき

解決方法:単純に水分補給!

私たちのからだの約60%は水分です。

そして、1日に失う水分量は2.5L

内容をみてみると…尿・便で1.6L、呼吸や汗では0.9Lの水分を失います。

ということは…

毎日2.5Lの水分を取る必要があるのです!

一般的に、食事から1.0L、体内でエネルギーを作る時に出来る水0.3Lといわれています。

これを引き算すると、「1.2Lの水」を飲む必要があるのです

朝起きた時、お風呂後など、水分補給をする習慣をつけましょう!水分はこまめにとるようにしてくださいね!

2、糖質・脂質の取り過ぎで血液ドロドロのとき

解決方法:食生活を見直そう

油ってドロドロしてますよね。砂糖の入った水はベタベタしますよね。血液中に脂質、糖質が多くなると、血液がドロドロしてきます。サラサラ血液のためには、健康な食事をすることも大切です。

糖質の適量:1日に225~290g(ご飯は1食1杯)

脂質の適量:1日に40g(油は1食で大さじ2杯程度)

栄養素のバランスを整えて、食べ過ぎを防ぎましょう!

3、血管に傷がついてボロボロのとき

血液中に不純物が多いとき、血管を傷つけてしまうことがあります。不健康な食事、タバコなどは血管を傷める原因に…。血管に傷がつくと、傷口をふさぐために血栓ができます。転んだ時に、傷口にかさぶたが出来て出血が止まりますよね。血管の中が傷ついたときも、かさぶたがたくさん出来ている状態になっています。このかさぶたが、時に血管を詰まらせる原因になってしまうのです。

解決策:生活を見直そう!

タバコは百害あって一利なし!タバコを吸うことで肺の病気のリスクも上がります。まずは禁煙にチャレンジしましょう。また、抗酸化作用を持つ食品は、血管を守る効果が期待できます。ビタミンCは、抗酸化作用をもつとともに、血管の弾力性を上げてくれます。抗酸化作用を持つ食品は、体内で細胞を攻撃する活性酸素を除去してくれます。

ワインやブルーベリーに含まれるポリフェノール、ゴマの成分セサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンなども抗酸化作用を持つ食品です。緑黄色野菜のカテキンも、抗酸化作用をもつといわれています。食事の中でバランスよくとっていきたいですね。

〇まとめ

暑くなる夏は、水分不足になったり、寝苦しさから不規則な生活になりがち。しっかり水分をとって、健康に良い生活をしていきたいですね。

【参考資料】(最終閲覧日:2020年8月11日)

・厚生労働省「e-ヘルスネット|抗酸化物質」/https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-009.html

・厚生労働省「健康のために水を飲もう」推進運動/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html#03

コメント

タイトルとURLをコピーしました