「夏なのに寒い?!」冷え性さんの食事ポイント

栄養学のきほん

「真夏なのにクーラーが効きすぎて、手足が冷たい…」

みなさんも1度は経験したことがあるのではないでしょうか?!カフェやお店、電車のなかなど、自分で調節ができないクーラーは厄介ですよね。上着を持ち歩いたり、いろんな対策がありますが、今回は食事を中心に「冷え性対策」を考えていきましょう!

☆この記事のポイント☆

1、冷え性とは?

 血行不良が原因。また、筋肉が少ないと冷え症になりやすい。

2、冷え性のサイン

 運動をあまりせず、代謝が悪い

 疲れやすい

 体調を崩しやすい など…

その結果、⇒免疫力の低下、細胞の新生低下、自律神経の乱れ、ストレスにつながる

3、冷え性対策

 からだを冷やす食材VS温める食材

⇒冷やす食材:夏にとれる野菜、お茶、コーヒー

⇒温める食材:色の濃い野菜類、ナッツ類

4、生活のなかでの冷え性対策

 「半身浴」でからだを温める

 運動をして血行改善&筋肉量UP

1、冷え性とは?

冷え性とは、血行不良によって手・足先に血液が送られず冷たくなってしまうことをいいます。そうすると、体内の熱がからだの隅々に行き渡らなくなります。冷房のきいた環境にいることで、体温が少しずつ下がってしまいます。

血行が悪い人、筋肉が少なく体温を上げる機能が弱い人は冷え性になりやすいです。

女性の場合はホルモンバランスが乱れて、体温が低くなっている時も冷え性の傾向があります。

西洋医学では病気ではありませんが、冷え性が長く続くと代謝が落ちる、関節痛、むくみ、肌荒れなどからだの色んなところで悪い症状が起きることがあります。

2、冷え性のサイン

~冷え性チェック~

□ 運動をあまりしない
□ 疲れやすい
□ 体調を崩しやすい
□ 手足がむくみやすい
□ 肌荒れしやすい
□ 髪が傷む
□ 肩こりがひどい
□ 寝つきが悪い
□ 胃腸が弱い

運動をする習慣がない人は、筋肉量が少ないので熱を作る力も弱くなります。血行が悪いとからだ中に栄養素を送り届けることが出来ないので、新しい細胞を作るスピードが落ちます。そのため、肌荒れや髪が傷みやすくなります。また、手足がむくんだり、肩こりに悩まされることもあります。外の気温と室内の寒暖差で自律神経が乱れて、疲れやすい、体調を崩しやすい、寝つきが悪い、胃腸の活動が悪くなるといった症状が現れます。

悪い状態が続くと、体のパフォーマンスも下がるので、「ただの冷え性でしょ!」と放置せずに、対策をとるのが大切なのです。

3、冷え性対策

 【からだを冷やす食材VS温める食材ってなに?

☆冷やす食材:夏にとれる野菜、お茶、コーヒー、冷たいもの

夏に取れる野菜は水分を多く含んでいます。また、カリウムというミネラルをたくさん含むものが多いです。カリウムは利尿作用があります。

夏野菜は冷やして食べたりしますよね。水分の多い冷たい野菜は体を冷やします。また、カリウムによって尿がたくさん出ることで、体温が低下する可能性があります。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインも、利尿作用があります。尿として水分を逃すときに、いっしょに体の温度を下げてしまうのです。

これらの飲み物に含まれるカフェインは発汗効果もあります。クーラーの冷たい風で汗が冷えて、からだを冷やしてしまうかもしれません。

もちろん、冷たいアイスや飲み物も冷え性につながります。体温だけではなく、からだのなかから冷えることで、胃腸のはたらきが悪くなることもあります。夏場は冷房とそとの日差しの寒暖差で、からだが疲れている状態です。暑いからといって、冷たいものをたくさん食べるのは控えるようにしましょう!

からだを冷やす食べ物は、適量にとるようにしたいですね。

~気をつける食材~

トマトキュウリゴーヤ
サニーレタスコーヒー、お茶アイス

☆温める食材:色の濃い野菜類、ナッツ類

ビタミンEは血管を広げる効果があるといわれています。手足が冷えて血行が悪くなっているとき、血管は縮こまった状態にあります。ビタミンEによって血管を広げて、血液の流れをよくすることで、冷え性が改善できる可能性があります。

また、「食事誘発性熱産生」といって、私たちのからだは食事をした後に代謝を上げて熱を作る働きがあります。夏バテで食事量が減ってしまったり、ついつい冷たいものを食べてしまいがちですが、普段の食事を出来るだけ維持するようにしましょう。

おすすめの食材は色の濃い野菜類やナッツ類です。ナッツ系の油をつかったり、温かい野菜スープにして食べると種類も量も取りやすく、冷えた体を温めてくれます。ぜひ試してみてくださいね!お好きなスパイスを混ぜてバリエーションを増やすのも良いと思います!

唐辛子かぼちゃえだまめ
にんじんピーナッツ赤ピーマン

4、生活のなかでの冷え性対策

①「半身浴」でからだを温める

  暑い季節はシャワーで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか?!日中、クーラーで冷えた体を温めて、血流を良くするために「半身浴」も効果的です。ぬるめのお湯にお気に入り香りのバスソルトを使ってみるのもリフレッシュになります。寒暖差で疲れたからだを、休ませてあげるは冷え性改善には大切です。ゆっくりとお湯につかりながら、マッサージをすると、さらに血行が良くなるのでおすすめです。

②運動をして血行改善&筋肉量UP

 筋肉量を増やして、からだが作る熱を増やしましょう!軽いストレッチや運動は、血液循環を良くします。また筋肉はたくさんのエネルギーを使うので、ダイエット効果も期待できます。最初は軽い運動やストレッチからやってみましょう。冷え性改善といっしょに、健康に良い習慣を作ってみませんか?!

〇まとめ

夏場のガンガン効いた冷房は、汗をかいた体にはツライですよね。本格的な夏が来る前に、いつもの食事や日ごろの習慣をちょっと変えて、冷え性改善をしてみませんか?この記事がみなさんのお役に立てると嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました!

【参考資料】(最終閲覧日:2020年7月12日)

・日常生活の中におけるカフェイン摂取 -作用機序と安全性評価-/栗原 久/東京福祉大学・大学院紀要 第6巻 第2号(Bulletin of Tokyo University and Graduate School of Social Welfare) pp109-125 (2016,3)

・新版 栄養成分の事典/則岡孝子監修/株式会社新星出版/2008年12月25日

・ジュニアダイエット/渡辺満利子/株式会社岩波書店/2006年5月19日

・厚生労働省「e-ヘルスネット|食事誘発性熱産生 / DIT」/ https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-030.html

・Office of Dietary Supplements Health Professional Fact Sheet on Folate / https://ods.od.nih.gov/factsheets/VitaminE-HealthProfessional/

コメント

タイトルとURLをコピーしました