【地域別まとめ】イタリア×ワイン

イタリアンワインは世界的にも有名で、イタリアの重要な食品の1つです。ヨーロッパはワイン製造の長い歴史をもち、イタリアンワインはローマ帝国時代から作り続けられています。今回はイタリアンワインを有名な産地別にまとめてみました。

【地域別×イタリアンワインまとめ】

〇ピエモンテ州

イタリアの「ブルゴーニュ」ともいわれるワインの名産地です。家族経営の小さなワイナリーが多く、伝統的な製法を守る取り組みも盛んです。食の世界ではピエモンテ州ブラという町で始まった「スローフード運動」で有名な場所でもあります。

ワインの特徴はタンニンが多めで、アルコール高めです。ランゲ地方では、ワインバブルによって価格が高騰したこともありました。そのため、ロエロ地域産の方がコストパフォーマンスが良いとも言われています。

代表的なワイン:

赤バローロ(Barolo)

赤バルバレスコ(Barbaresco)

赤ガッティナーラ(Gattinara)

白泡アスティ(Asti)

〇トスカーナ州

フィレンツェのある地域として有名。長期熟成型のワインが多いといわれています。また、この地域といえば「ボルゲリ産のスーパータスカン」です。イタリアはフランスワインの制度を参考にして、ワインの品質を保つために認定制度を作ったのですが…

「ルールに縛られず、美味しいぶどうを作って、美味しいワインが作りたい!」という醸造家も現れはじめます。伝統にとらわれず、美味しいものを目指して作られた新しいワインたちが「スーパータスカン」と呼ばれるワインです。最初は一番ランクの低い、テーブルワインという扱いでした。しかし、品評会での好成績や評論家の高評価によって、最高ランクDOCGにまで昇り詰めました。

代表的なワイン:

赤キャンティ(Chianti classico)

赤ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)

赤ヴィノノビレ・ディ・モンタルチーノ(Vino nobile di Montepulciano)

白ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ(Vernaccia di San Gimignano)

〇ヴェネト州

ベネツィアで有名な州です。イタリアワインの1/4の生産量を誇る、ワインづくりが盛んな地域です。最高級品から、リーズナブルなワインまで、価格も質も幅広いです。醸造の歴史も長く、ローマ帝国時代からワインを作り続けています。

代表的なワイン:

赤アマローネ(Amarone)

赤ヴァルポリチェッラ(Valpolicella)

白ソアヴェ(Soave)

〇ロンバルディア州

ミラノで有名な州です。ワインの大市場でもあります。イタリア、フランスなど国に関係なく、本当に美味しいワインを求める美酒家の集まる街です。

代表的なワイン:

赤ヴァルテッリーナ(Valtellina)

白泡フランチャコルタ(Franciacorta)

【まとめ】

ワインの味も特徴も、地域によって様々です。イタリアンワインでイタリアの街巡りをするのも楽しいのではないでしょうか。イタリアワインを選ぶときの参考にしてみてくださいね!

【参考資料】

・イタリアワイン最強ガイド/川頭義之/文藝春秋/2014年5月30日

コメント

タイトルとURLをコピーしました