【重要!】からだに必要なミネラルのまとめ!

健康情報やダイエット記事でみることの多い…ミネラル。

きっと大切なモノなのだろうけど、からだでどんな働きをしているのか分からないモノもありますよね。今回はからだとミネラルについてまとめてみました!

〇ミネラルってなに?

ミネラルはからだに必要な無機物(燃やしてCO2が出ないモノ)のことをいいます。

世の中にはミネラルがたくさんありますが、なかでも14種類が不可欠といわれています。

・からだの細胞で起きる化学反応をサポート

・筋肉の曲げのばしをサポート

・心臓や神経のはたらきを維持

からだのいろいろなところで必要な栄養素なのです。

ミネラルは大きく2種類に分けられます。

1、多量のミネラル(Major minerals)

からだのなかで必要なたくさんの量が必要なミネラルです。骨や歯の主要成分であるカルシウム、血圧に関わるナトリウムやカリウムなどがあります。

少なくとも1日に100mg以上はとる必要のあるミネラル群です。

【種類】

カルシウム、リン、カリウム、硫黄、ナトリウム、塩素、マグネシウム

2、微量のミネラル(Trace minerals)

量はすくないものの、わたしたちが生きていくのに必要なミネラルです。酸素をはこぶ赤血球を構成する鉄や銅、成長ホルモンに必要なヨウ素などがあります。

少なくとも1日に20mg以上はとる必要のあるミネラル群です。

【種類】

鉄、銅、亜鉛、ヨウ素、クロム、フッ素、マンガン、モリブデン、セレン

〇ミネラルのはたらきは?

ミネラルのはたらきは本当に…たくさんあるんです!ざっくりとまとめながら紹介していくとこんな感じです。

・体内の水分量のバランスをとる:ナトリウム、カリウム、塩素

細胞のなか、血液、細胞のまわり…わたしたちのからだの60%は水分でおおわれています。どこかに水分が偏ってしまうと、むくみ、血圧上昇など、いろんな困った問題がおきるのです。適当な場所に、必要な量の水が行きわたるように、ミネラルでコントロールしています。

・血液中で酸素をはこぶ:鉄、銅

酸欠になると、わたしたちは生きていくことができません。からだにとって重要な酸素を運ぶのが赤血球という細胞です。この赤血球には酸素をくっつける部分があります。肺で空気中の酸素と結びついて、血液を通して、からだのすみずみで酸素を離します。そんな赤血球の酸素をくっつける部分もミネラルで構成されています。

・丈夫な骨をつくる:カルシウム、ケイ素など

からだを支える重要な骨。硬くて、さらに柔軟性もあるので、運動の衝撃からからだをまもってくれます。

・免疫機能をサポートする:亜鉛、マグネシウム、銅

危険な菌やウイルスから、わたしたちをまもるのが免疫機能。ちょっと風邪気味でも、しっかり休むと治ってしまうのは、免疫機能が菌やウイルスを退治してくれるからです。

・酵素のはたらきをサポートする

酵素はからだの中で重要な化学反応をおこすモノです。抗酸化作用、エネルギーをつくる代謝など、わたしたちの体はが毎日お世話になっています。

そのほかにも…筋肉の伸び縮み、神経のはたらきなど、たくさんの場所でミネラルが活躍しています。

〇ミネラルはたくさんとればいい…ってわけじゃない

「ミネラルが重要なのはわかった!じゃあ…サプリメントでたくさんとれば体にいいんでしょ?」

って思ったひとは要注意です!!

栄養学もいろんな考え方がありますが、わたしは健康なひとにはサプリメントをオススメしていません。それは、ミネラルは取り過ぎると害になることがあるからです。

カルシウムの取り過ぎは、血管の石灰化や腎結石を引き起こす可能性があります。塩分(ナトリウム)の取り過ぎは高血圧、ほかにもミネラルを大量にとると下痢や体内バランスが乱れるなどの報告もあります。

一度にたくさんよりも、適量を毎日とることが重要なのです。

〇ミネラルと食事

食事からミネラルをとるときのポイントをまとめました。特徴をおさえて、効率よくとっていきたいですね。

・加熱してもOK(熱で壊れない)

・水分といっしょにとる方がいい(脂質の取り過ぎは吸収量を減らすことも…)

・酸性のモノ、酸化に強いので保存がきく

・食事からミネラルを取り過ぎてしまうことはない(塩分以外)

野菜から肉、魚、卵、乳製品…ミネラルはいろんな食材にふくまれています。だから、偏らずにいろんな食材を食べるようにしてくださいね。

〇まとめ

なんとなく…ビタミン・ミネラルって不足ぎみに思われがちですが、健康な食事を心がけていれば、食べものからも十分とれます。世の中にはおいしいものがたくさんあるので、サプリメントに頼り過ぎず、食事からとってみてくださいね。

この記事がみなさまのお食事の参考になると嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました